奥まつりやり直し - LAVRESS

| コメント(7)

先日完成したフォーマルワンピースの裾。「奥まつり、やり直すかも」と言っていましたが、結局やり直しました(;´∀`)

いくらあたりが出やすい生地とは言え、ちょっと出過ぎじゃないか??と思って、ルーペでよーーーく見てましたら...一糸どころか三糸くらいすくってました!!Σ(゚д゚lll)

シルクシャンタンて、ものすごく細い糸で織られていたんですねー!ちゃんと一糸すくったつもりだったのに...。というわけで、全部ほどいてやり直し。

奥まつり
▲Before

奥まつり
▲After

ずいぶん良くなりましたよね!!?

それから、COMTESSEのバッグに合わせた靴探し。色味が珍しいので苦労しましたが、なんとか見つけてGETしました♪

COMTESSE
当日はホスト側なのでほとんど立っていることになると思い、ヒールはやや低めの7cmで!

これで準備万端!!お仕事のパーティですが、それなりに楽しんできたいと思いまーす♪

フォーマルワンピース

パターン
オーダー
使用生地
Oriet Kyoto「シルクシャンタン」ライトグリーン
生地組成
シルク100%

すっかり御無沙汰してしまいました。シルクシャンタンのフォーマルワンピース、ようやく完成しましたー!!ヽ('∀`)ノ

昼間のお席で着用するために作ったワンピース。ジュエリーがゴージャスなので、シルエットはこれくらいシンプルで丁度良かったなと思います♪

フォーマルワンピース
お写真だと分かりにくいのですが、角度によってゴールドのような光沢を放つ、高級感あふれるシャンタン生地。とっっっても軽くて、着心地抜群です!(*´∀`*)

想像以上に綺麗な生地だったので、お色違いで一重仕立てのジャケットなんかも作りたいなーと画策中。スーツにしても素敵っぽい!

縫製は、シルクにしては縫いやすいけど、一般的には難しい部類に入ると思いました。まったく伸びたり縮んだりしないので、全然誤魔化しが効かないのです!袖のいせこみもドえらい難しかったー!

フォーマルワンピース
当日はCOMTESSEのバッグを合わせて、こんな感じになります(*´∀`*) 現在、バッグと同色のパンプスを物色中ー!

着用日が決まっていた為、少ない時間を使って大慌てで仕立てたので、色々と不満もあり。予定が終わったらちょこちょこと手直ししたいなー。私は「直すくらいなら作り直す」派なので、手直ししたいなんて珍しい思考に自分でもびっくりですが!

フォーマルワンピース
例えば裾の奥まつり。非常にあたりが出やすい生地な上に、奥まつりを初めてやったもので、所々あたりが出ちゃってるんですよねー。これは着用前にやり直すかも...。

何にしても、ひとまず予定日に間に合って良かった!!忙しさが落ち着いたら、次は文化服装学院に提出するブラウスを縫い始める予定でーす!

空いた時間に少しずつですが、フォーマルワンピースの表地と裏地の合体作業中でーす。

ファスナー
裏地ファスナー付け、ミシンでやるとあっという間に終わります(*´∀`*)

ベンツ
未だに慣れない、ベンツの裏地をミシンで縫う方法。本を片手に四苦八苦。

お次は袖口をミシンで縫い合わせ、その後の作業はすべて手縫い作業。「面倒臭いなぁ」と思いながら始めるんだけど、手縫い作業ってやり始めると意外とハマるんですよね♪

時間が空いたら、先日録画しておいた「呪怨」でも観ながら、伽椰子の「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」をBGMにちくちく縫い進めたいと思いまーす。(悪趣味な...)

**********

少し前にチラッと触れた通り、とっっっても忙しくて更新もままならない状況です。コメントのお返事も遅れていて申し訳ありません...!

フォーマルワンピースの方も二週間あれば余裕で縫い上がるかなー?と思っていたのですが、ここのところホント忙しい上に体調を崩していまして...。

もう10日くらい、喉と鼻の奥の繋がった部分が痛い...。風邪の諸症状かしら?と思って市販の風邪薬を飲んでいるのですが、体調は悪化する一方。

病院行く時間も無いし、とりあえず忙しさが落ち着くまでは、なんとか気合いと根性で乗り切りたいと思います(`・ω・´) この時期、冷房で体調崩す方が多いようなので、皆さんもくれぐれもお気をつけ下さいねー!

7月中旬くらいまで更新が飛び飛びになるかもしれませんが、思い出した時にでも覗いて頂けると嬉しいです(*´∀`*)

昨日の記事でチラッと書いた「片袖付けは縁起が悪い」という言い伝え、意外とマイナーな知識だったようでビックリしました!

いつ誰から教えてもらったのか記憶にないくらい小さい時から知っていたので、もしかしたら祖母が教えてくれた和裁の知識だったのかもしれません。

詳しく説明しますと、お仕立て中の服を「片袖の状態で夜を越すのは縁起が悪い」という言い伝えがあるのです。

現在では差別用語に当たりますが、「かたわ」を連想するからだと聞いたような...。

袖付け
というわけで、お袖は両方いっぺんに付けましょう♪

あと、「お袖お化けが出る」とも聞いた気がしますが、こちらについては定かではありません。てか「お袖お化け」ってどんなの??片袖が一反木綿みたいにヒラヒラ飛んでくるのかな??

そういえば、四谷怪談のお岩さんの妹さんはお袖さんというのですよ!確かお袖さんも悲惨な死に方をしたような...。そう考えるとドえらい怖いですな!Σ(゚д゚lll)

最近ムシムシ暑いので、微妙ーーーに涼しくなるお話でしたー♪

フォーマルワンピースの表地が少しずつ縫い上がってきました。

私の中では「シルク100%=パッカリング(ピリつき)が起きる」というイメージだったので、何度も何度も試し縫いをしてから本番に挑んだのですが、このシルクシャンタン、別にどうということもなくスイスイ縫えちゃうのです!

シルクシャンタン
パッカリングなーーし!!ヽ('∀`)ノ

今まで縫製に苦しんできたシルク100%生地は、デシンやシフォンなどだったのですが、シャンタンは張りがあるのでパッカリングが起きにくいのですかねー??

ミシン糸をキングフィットにしただけで、何の苦も無く縫えちゃいました。アイロンもよく効くし、むしろ扱いやすいとすら感じるー♪

ふはははは!シルクシャンタン、恐るるに足らず!!!

と高らかに勝利宣言をかましていた私ですが、袖付けの段になって思わぬ事態が...。

......こやつ、いせが全然入らないΣ(゚д゚lll)

ギャザー寄せ荒ミシンの糸を引いても、布目に沿って突っ張ってしまい、いせがまっっったく入りません!それまで順調だっただけに、予想外の展開にあわてふためき...。

シルクシャンタン
目打ちと格闘すること40分、アイロンでいせを殺しまくること20分、どうにかこうにか袖が付きました(;´∀`)

後で調べてみましたところ、シャンタンは非常にいせこみにくい生地なので、そもそもパターンの段階でいせを極少量にしておくそうです。

今回使用しているパターンはそれほどいせが多いわけではないのですが、それでも大格闘でした。私は素人洋裁なので好きなパターンを好きな生地で縫ってしまうけど、本来のお洋服作りの流れとしては、デザインの段階からすでに生地などを想定しているんだなぁというのがしみじみ分かった一件でした。

片側が終わったところで燃え尽きそうでしたが、「片袖付けは縁起が悪い」と言われているので、なんとか両側頑張りました。意外と迷信深い私('∀`)

この後は裏地と合体していく作業です♪最近なかなか縫い時間が取れないけど、7月初旬の予定には何とか間に合いそうなので、引き続きちまちまと頑張りまーす(*´∀`*)

なんだかんだと忙しくしておりまして、更新がこんなに空いてしまいましたー!ぎゃーす!

ちょこちょこ空いた時間で、フォーマルワンピースを少しずつ縫い進めております。

何と言っても「色合わせ命」な私。今回も生地色に合わせて糸やファスナーを買い集めたのですが、少し変わった色味だったので、揃えるまでに時間がかかってしまいました。

キングフィット
こだわっただけあって、お色味はぴったり(*´∀`*)

今回使用している生地は、シルク100%の「シルクシャンタン」です。シルクはパッカリング(ピリつき)が起きやすく、縫製に気を遣います。

「シルクを縫う時はシルク糸で」という方が多いと思いますが、私はFUJIXの「キングフィット」という糸を使っています。

キングフィットは公式に「パッカリング対応ミシン糸」と謳われているくらいなので、シルクにも最適。フィラメント糸のもつ強じんさと滑らかさ、そして美しい光沢を活かし、さらにスパン糸の使いやすさとなじみの良さを加えた、多機能縫い糸......とのこと。

このキングフィット糸を使って、糸調子を弱めに設定すると、かなりパッカリングが軽減されます!シルク以外にも、パッカリングが起きやすいシフォン等にもオススメ♪

キングスパン見本帳
色番はキングスパンと同色なので、キングスパンの見本帳があればバッチリ色合わせ可能です♪

糸の色合わせですが、糸巻きの状態と一本の糸の状態ではかなり色味が変わります。見本帳を持っていない場合、端切れを持って手芸店に行き、糸巻きを乗せて色味を見ることになると思いますが、このやり方ですと、見本帳の糸を生地に直接乗せた色味とはまったく異なってしまうので、私は見本帳を買うことを断然オススメします!

YKKファスナー見本帳
ファスナーも見本帳を持っているので、かなり微妙な色合いでも色合わせ可能です(*´∀`*)

キングフィットはしなやかで生地に馴染みやすい糸なので、スパン糸の代わりに使ってもいいくらい。キングスパンより少し値段が高めですが、機会があったら是非一度使ってみてほしい、素晴らしい「次世代ミシン糸」でーす!

パターンを自分で引くことがある方、どんな定規を愛用していますかー?

熟練の腕になってくれば、直線定規のみで引いちゃう!って方もいらっしゃると思いますが、カーブ尺を使っている方も多いと思います。

私が最初に購入したカーブ尺は、代表的な「Dカーブルーラー」でした。

でも、正直言ってDカーブルーラーってすごく使いにくい...。私の使い方が下手なことが最大の理由だとは思うけど、どんなカーブにも見事に合わない!!「なんでこれがオススメ??」と常々疑問。

次に購入した「TKカッティングスケール」はかなり使いやすい!カーブ箇所に「袖ぐり」「前衿ぐり」等々どこに使うのが適しているか書かれているので、初心者にはとってもありがたい定規です(*´∀`*)

でも、ブラウスの製図でプリンセスラインを引いた際にはどちらも役に立ちませんでした。直線定規と併用して引いてみたけど全然ダメ。

その時ふと、「前にすごいカーブ尺買わなかったっけ?」と思い出し、洋裁道具をごそごそと漁っていたら、あった!ありました!これこれー!

アンタレス
万能雲形定規・アンタレス!!

だいたい名前がカッコ良すぎるからー!真央点突いちゃうぞ!!(ってこのネタ分かる人いるんかいな...)

アンタレス
専用ケースに入っていて、どのカーブがどんな箇所に適しているかの説明書もあり♪

直線定規とアンタレスさえあれば、他のルーラーはいらない!というくらい素晴らしく万能な定規です(*´∀`*)

アンタレス
サイズは大きめで、DカーブルーラーやTKカッティングスケールと比べるとこれくらい。

これからカーブ尺を買う方や、今のカーブ尺に満足できない方には、このアンタレスを買うことをオススメします!文化学園ショップで購入可能ですよー♪

LAVRESSの意味 - LAVRESS

| コメント(11)

以前から書こう、書こう、と思っていたこの記事。検索ワードでも「LAVRESS 意味」や「LAVRESSとは」「LAVRESS 読み方」などで調べて下さる方も多く、記事にしておきたいなぁと思っていました。

結論から申し上げますと、LAVRESSは私の造語です!

なので、ネットで意味を調べても出てこないと思いますー。

語源は「LOVE(愛)」と「BLESS(祝福)」から出来ており、それぞれを発音すると「らぶ」と「ぶれす」、それを繋げて「らぶれす」にしました。

LAVRESSの意味

スペルについては本当に感覚だけで付けたものでして、「RよりLが好きだから、先頭はLで」「Lが2つ入るのは嫌だから、後ろはRで」「英文字で7文字以下に抑えたい」などなど、英語の意味などは丸っと無視して付けております(;´∀`)

元々はですね、ウチのキャッテリーの名前なんです。ウチの猫は、世界最大の愛猫協会でアメリカに本部を持つ「CFA(Cat Fanciers' Association)」に登録されている猫なんです。

で、CFAに登録されている猫は必ずどこかのキャッテリーに所属しておりまして、血統書にはキャッテリー名を含んだ正式な名前が記載されています。

ケビンとディランのブリーダーさんは「MAINE BROS」さんというので、例えばケビンの場合、正式な名前は「MAINE BROS KEVIN」となります。

このままでも何も問題は無いのですが、何せ親バカが行き過ぎている私は、我が家の名前も入れたい!!と思ったんですねー。

そのためには私自身もCFAにキャッテリー登録をし、「ケビンは私のキャッテリーの子になりましたよー」と報告します。するとケビンの名前は「MAINE BROS KEVIN OF LAVRESS」になるんです。同じくディランも「MAINE BROS DYLAN OF LAVRESS」になりますヽ('∀`)ノ

CFAには全世界からキャッテリーの登録があり、同じ名前は付けられません。キャッテリー名は世界でただ一つのものなのです。

そこで、「絶対にかぶることが無く」「深い意味を持っている名前」を考え、「我が家の猫にゃんが愛と祝福に満たされた子になりますように」という願いを込めて付けました(*´∀`*)

そんな訳で、LAVRESSの意味は「愛と祝福(の造語)」、読み方は「らぶれす」ですので、今後ともどうぞ宜しくお願いしまーす.*:.。.:*・゚(*´∀`*)・*:.。.:*

オススメ夏用裏地 - LAVRESS

| コメント(0)

フォーマルワンピースの裏地が肩まで縫い終わりましたー。

次は脇縫って、裾上げて、袖を作って袖付けて...。

裏地作りは楽しみがあまり無いので、テンションがなかなか上がらないのですが、裏地の無い服は着たくないので頑張ります(`・ω・´)

キュプラが上手く扱えない私は、ポリエステル裏地を愛用しています。夏を除いた3シーズンはだいたい「アルフォンシーヌ54」を使用。色数がとっても豊富で、表地にぴったりな色が見つかります♪

でも、夏物には東レの「クールビズライニング」という夏の専用裏地を使います。

東レクールビズライニング
組成はポリエステル100%。

ポリエステルとは思えない通気性の良さ、サラサラで肌触り抜群、その上、若干の張りがあるので裁断も縫製もしやすい!まさしく夏にぴっっったりな裏地なんです(*´∀`*)

唯一の欠点は、透け感が強いこと。手をかざすとバッチリ透けます。なので透け防止には仕方なく「透け防止ベンベルグ」を使っています。

夏場は頻繁に売り切れてしまうので、よく使う色はいっぱい買い溜めしてあります♪

質感は綿ローンに似ている感じ。軽くて汗をよく吸い取るんだけど、すぐに乾きます。ポリエステルなのでシワにもなりにくく、じゃぶじゃぶお洗濯する服にもバッチリ!

今回のワンピースにはグレーを選びましたが、この状態だと割烹着みたい(;´∀`)

東レクールビズライニング
「おかみさーん!サバ定食ね!」「あいよー!!」みたいになってますが、一応フォーマルワンピース(の裏地)です!笑。

本当に快適な夏用裏地なので、まだ使ったことのない方は是非お試しあれー♪

来月着用予定のフォーマルワンピースを縫い始めました(*´∀`*)

裁断して、芯貼りして、印付けして......。で、次にやっておくことは「ブランドタグの縫い付け」!!

織ネーム
ブランドタグが付いた瞬間から「あぁ、私の服だわー(*´∀`*)」という幸せに包まれるのですー♪♪

以前にも書きましたが(オリジナルブランドタグ&洗濯タグ)、私が特注しているブランドタグは「織ネーム」というもので、アパレルブランドが使っているものと同じです。

この手のタグには3タイプあり、本格的な「織ネーム」、簡易に作れる「刺繍タイプ」、さらに安価な「プリントタイプ」があります。

プリントタイプは洗濯で消えちゃうし、幼稚園グッズっぽさが拭い切れないので、お洋服にはオススメできません(´・ω・`)

刺繍タイプは糸なので消えることはありませんが、生地の上から刺繍をほどこしているのでボコボコした厚みが出ますし、鮮明に織れません。織ネームと比べてしまうと安っぽさは隠せないと思います。

織ネームはタグを織る段階から糸を混ぜ込んでいくので、一枚の平たい織物に文字やデザインが入っています。高級感もあるので、本格志向の方には是非オススメです!

織ネーム
こんな風に、地の色とデザイン部分の色の糸を一緒に織り込んでいくんですよー。職人技ですよね!!(*´∀`*)

私が織ネームを頼んだのは柳澤織ネームさんです。以前にも書いた通り、便利な見積フォームなどはありませんが、腕も実績も確かな会社さんです!

私の場合は自分でIllustratorを使ってデザインし、PDFに書き出したものをメールでお送りし、何度かサンプルを作って頂き、納得した上で1,000枚作って頂きました。

織ネームには「平織」とか「朱子織」とか「綾織」とか色々ありますが、私のは一般的な朱子織です。光沢感がありキレイ目な出来上がりなので、レディス服にはぴったりですヽ('∀`)ノ

加工はエンドホールド(両側が内側に折り込んであるもの)仕上げで、このまま四辺を縫うだけでOKなタイプです♪

加工には他にも色々あり、マイターホールドといって両端を上に折り上げる加工もあります。これはシャツの台襟に縫い込んであるようなタイプ。センターホールドは真ん中で折ってあるタイプなので、バッグやポーチの見える所に挟み込むとカワイイです(*´∀`*)

織ネームのブランドタグを付けるだけで、ハンドメイド品が一気に既製品のようにグレードアップするので、「そろそろオリジナルタグが欲しいな」なんてお考えの方には、是非「織ネーム」をオススメしまーすヽ('∀`)ノ

ブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

最近のコメント